SBS GROUP

物流センター訪問記(阿見物流センター編)

都心へのアクセスがいい3温度帯センター
女性スタッフが活躍する事故の少ない物流現場

センター訪問記(阿見物流センター編) 流通論を専攻する学生さんたちを次に案内したのは、2018年5月にオープンした「阿見物流センター」(茨城県稲敷郡阿見町)。冷凍・冷蔵・常温の3温度帯に対応した物流施設です。センター内ではどのようなカテゴリーの食品が管理され、日々どんな作業オペレーションが展開されているのか。施設内を自由に見学してもらいました。

庫内温度の徹底管理

こちらのセンター(阿見物流センター)では主にどのようなアイテムを取り扱っているのでしょうか?

センター訪問記(阿見物流センター編) このセンターでは、様々なチーズ製品に加工される前の「原料チーズ」や、乳飲料の原料、製品化されたカップ飲料などをお預かりしています。冷蔵品の取り扱いがメーンとなります。ところで、皆さんは普段、映画館に足を運んだりしますか? 映画を観る前に売店でフライドポテトやフライドチキンなどを購入された経験があるかと思うのですが、調理される前のこれら食材(冷凍食品)も、実はこのセンターから出荷されています。

センター内にいると肌寒く感じるのですが・・・

センター訪問記(阿見物流センター編) いま皆さんがいるエリアはチルド(冷蔵)スペースで、室内温度は5度前後をキープしています。隣のエリアは冷凍スペースで、それよりもはるかに寒くてマイナス21度前後に設定されています。誤って温度が上昇してしまったら、お預かりしている製品がすべてダメになってしまうので、各エリアの温度は常にモニタリングしているんですよ。

保管棚には同じような製品がたくさん並んでいますが、それぞれに番号のようなものがふられていますね。

センター訪問記(阿見物流センター編) このセンターに入ってきた順番や製造年月日が記載してあります。先にセンターに入ってきた製品から先に出荷していくというルール(先入れ先出し)を徹底するためです。食品の場合、同じアイテムであれば、どれを出荷してもいい、というわけにはいきません。「このアイテムは、この製造日分まで、消費期限が何日分残っているものまで」といった具合に、出荷が可能な製品が明確に決められています。ピッキングや荷揃えといった庫内作業で人的ミスを発生させないために、番号や印をつけて目立たせているんですよ。

女性スタッフの丁寧な荷扱い

こちらのセンターでは何人くらいの方々が働いているのでしょうか?

従業員数は約30人です。センターは365日稼働しています。働いている人たちを見て、何か気がついたことはありませんか?

女性の方が多いような・・・。

センター訪問記(阿見物流センター編) センターがオープンした当初、女性スタッフは2人だけでした。しかし、その後、「未経験者でも採用します」と募集をかけたら、段々と女性スタッフの比率が高まってきました。冷蔵・冷凍スペースでの作業は、肉体的に決して楽ではないと思うのですが、とても頑張ってくれています。

女性が活躍するセンターなのですね。

センター訪問記(阿見物流センター編) 女性スタッフを中心とした庫内オペレーションを展開していて、特徴的なことは荷扱いが丁寧だということです。現場の事故も大幅に減少しました。フォークリフトの運転・操作もとても上手です。

センターはほぼ満床状態ですね。

センター訪問記(阿見物流センター編) 至近の圏央道「阿見東IC」は当センターから約2㎞です。有名な「牛久大仏(赤丸内)」の左側付近に位置します。 交通アクセスがいい点が評価されているのだと思います。高速道路のインターチェンジからほど近い場所に立地し、都心部からは車で1時間30分程度に位置しています。また、近年は隣県の千葉県の沿岸部にある冷凍・冷蔵倉庫が老朽化の影響で、定温物流ニーズを受けきれず、それが当社のようなセンターにとっては追い風となっている面があるかもしれませんね。

物流センター訪問記

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
事業本部
通話無料 0120-836-095

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSフレック事業本部
通話無料 0120-836-095

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

SBSフレック「阿見物流センター」 SBSフレック「ドライバー」「庫内作業員」を募集!

このページの上へ戻る