SBS GROUP

フローズン

冷凍食品を融解させない物流オペレーションを展開
温度データのトレーサビリティで管理レベルアップ

冷凍食品の国内消費量は、この約40年で6倍にも膨れ上がりました。ここ数年、消費量の伸びは、海外生産品の中毒事件発生や国産回帰などの影響で鈍化しつつあるものの、核家族化や少子高齢化といったライフスタイルの変化を受けて、中長期的にみれば、冷凍食品の需要は今後も拡大していくことが見込まれております。

それに伴い、フローズン物流に対するニーズも徐々に拡大してきました。SBSフレックではこれまで、食品メーカー様、卸売業様、小売業様など冷凍食品を生産・販売する様々な企業様に、物流センター運営や輸配送といった物流機能をご提供してきました。取り扱いアイテムは冷凍食品やアイスクリームをはじめとする氷菓など多岐に渡り、それぞれの製品特性に応じたフローズン物流の管理ノウハウを蓄積しております。

冷凍食品の物流オペレーション上で細心の注意を払うべきは、作業途中でお預かりした製品を融解させないことです。融解は製品の風味や品質の劣化につながるためです。SBSフレックでは、製品ごとに規定されている管理温度を維持した状態で物流オペレーションを実行するため、物流センターの庫内温度や配送車両のコンテナ内温度を常にモニタリング。温度管理の履歴情報をお客様にフィードバックするための情報システム導入などに取り組んでおります。

このサービスに関連する事例ページ
 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
事業本部
通話無料 0120-983-009

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

物流サービスについて
お電話でのお問い合わせ
SBSフレック事業本部
通話無料 0120-983-009

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

SBSフレック「ドライバー」「庫内作業員」を募集!

このページの上へ戻る