SBS GROUP

事例 - 食品メーカーC社様

当社標準装備のWMS 利用で開発・運用コストを抑制
必要な機能だけ切り出し使用できる食品向けシステム

事例 -  食品メーカーC社様 食品メーカーC社様には現在、当社が開発・運用している食品業界向けWMS(倉庫管理システム)をご利用いただいております。C社様は、物流センターにおける製品の入荷予定登録~入荷受付~入荷検品~格納~出荷指示~在庫引当~ピッキング~荷揃え~出荷までのフローを、WMS を通じて一元管理することで、作業の見える化、賞味期限管理の徹底、在庫削減などを実現しております。

当社のWMS は、全国10 ヵ所の物流拠点で運用実績のある物流情報システムです。食品業界のビジネス特性を踏まえたうえで開発されているため、食品メーカー様にとっては使い勝手のいい構造になっております。お客様は、自社のビジネスに合った機能を選定し、独自のWMS にカスタマイズすることが可能です。また、当社のWMS をベースにご利用いただくかたちとなりますので、膨大なシステム開発費用が不要なほか、日々のランニングコストを低く抑えられます。

事例 -  食品メーカーC社様 実際、C社様も自社のビジネス展開にとって必要最低限の機能を選定・付加する格好でWMS をご利用いただいております。それによって物流情報システムへの投資負担を減らすことに成功したと同時に、製品在庫の見える化や日付管理・ロット管理の精度向上を実現しました。


その他の物流事例をご覧になりたい方はこちら
 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
事業本部
通話無料 0120-983-009

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る