SBS GROUP

事例 - 乳製品メーカーL社様

チルド乳製品の東日本デポ運営と配送を受託
物流アウトソーシングでコスト削減を実現

事例:乳製品メーカー株式会社L社様 SBSフレックでは、ヨーグルトなどチルド乳製品を生産・販売する食品メーカーL社様の物流業務を受託しております。上流工程においては関西地区にある製造工場の構内物流業務(荷役作業など)や受注センター業務を手掛けているほか、L社様のお得意先様に製品を供給するための東日本デポ5ヵ所のセンターオペレーション業務、共同配送サービスなどをご提供いたしております。

量販店やコンビニなど組織小売業が全国規模で店舗網を拡げていき、さらに「食の安心・安全」の観点から短納期(受注から納品までを短いリードタイムで処理)で、かつ在庫削減を目的に少ロットでの納品を求める傾向が強まっているのを受けて、食品メーカー各社はより緻密でスピーディーな物流対応を迫られるようになっています。しかしながら、全国をカバーする物流拠点網を自社で整備するのは投資負担が重いため、食品メーカー各社は3PLに物流業務全般をアウトソーシングする流れが主流になりつつあります。

L社様は、食品卸の物流拠点やチェーン小売業の一括物流センター向けに製品を供給する東日本デポの運営を当社に委託。しかも専用センターではなく、他の食品メーカーと物流センターを共同利用する「共配センター」を活用し、さらに得意先様への配送業務も共同化することで、物流コストを低く抑えることに成功しました。いわゆる「メーカー共配」を通じてローコストで品質の高い物流サービスを提供することで、販売量や商圏の拡大に結び付けています。


その他の物流事例をご覧になりたい方はこちら
 

お問い合わせ

物流サービスについて総合窓口
事業本部
通話無料 0120-983-009

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る